工夫が必要

    今では日本の漫画やアニメは世界の若者に注目され、人気を集めています。日本でも昔から漫画やアニメの人気が根強く、...

    Readmore

    日本の文化

    未来を創造する産業コンテンツのひとつになったアニメは、専門学校できちんと学ぶというスタイルが当たり前になってい...

    Readmore

    流れ

    漫画家やアニメの仕事を目指している方にとっては、それぞれの夢をかなえる為にやはり専門学校などで事業を受けながら...

    Readmore
工夫が必要

今では日本の漫画やアニメは世界の若者に注目され、人気を集めています。
日本でも昔から漫画やアニメの人気が根強く、若者たちの中には漫画家やアニメーターを目指す人たちもたくさんいます。
基本的に漫画家やアニメーターになるための資格は必要ないのです。
漫画家やアニメーターになるために必要なのは絵を描く力であり、ストーリーを作り上げるアイデアです。
好きこそものの上手なれという諺があるように、漫画やアニメが好きな人は趣味で描いているので、そこそこ画力は備わっています。

しかし漫画家になるためにはストーリーを紡ぎ出すアイデアが必要になります。
ストーリーのアイデアを掴むためには、工夫が必要です。
どのような工夫かというと、日常生活の中で常にアイデアやヒントをキャッチできるように頭のアンテナを立てておくのです。
アンテナを立てて常にアイデアを探していないと、面白いヒントは見つからないのです。
画力は訓練で上達します。
しかしストーリーはセンスが重要です。
センスは常に意識して本を読んだり、映画を見たり、様々なことに関心を持っていないと磨かれないものです。
日常をいかに工夫して生活するかによって、アイデアやヒントが生まれてくるのです。
なかなか自己流の勉強がうまくいかない人は、専門学校に通うのも効果的です。
専門学校ではプロの漫画家やアニメーターが指導してくれますので、技術的なことはもちろん、心構えやプロになるための方法なども教えてくれます。
また、メリットの1つに、生徒のために業界へ進む道を提供してくれるということがあります。
学校内でのコンテストなども開催されていますから、そこで賞をもらったりすれば才能が認められ、プロのアシスタントとして紹介される可能性もあります。
また専門学校のいいところは、同じ目的を持った仲間と知り合えることです。
同じ目標に向かって切磋琢磨すると実力がつきます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2017年8月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031